野菜を食べるときの5つのコツ

こんにちは!

いつもご訪問、ありがとうございます⭐

昨日の記事でも書きましたが、
野菜はウェイトマネジメントの強い味方です♪

でも、外食が多かったり、忙しかったりすると、
なかなか食べられない、という方もいるかも知れませんね💦

あとは、どうやって食べたらいいのかわからない。。。
という方も。

今日は、野菜を美味しく、ダイエットにも役立つコツを5つお伝えしたいと思います!

野菜を摂るときのコツ

コツを掴めば、美味しくたくさん食べられますよ!

コツ その❶ 多品目食べるようにしましょう

野菜と言って思いつくのは何でしょうか?
知らないと、食べるものも偏ってしまいますが、
スーパーに行くと、今は、本当にたくさんの種類の野菜が店頭に並んでいます。

緑黄色野菜、淡色野菜、キノコ類、など
様々な種類を摂るようにしましょう。

多品目を食べる

緑黄色野菜は、•いんげん •オクラ •かぼちゃ •クレソン •ケール •小松菜 •サラダ菜 •しそ •春菊 •セリ •カイワレ大根 •チンゲン菜 •トマト •ニラ •にんじん •バジル •パセリ •ピーマン •ブロッコリー •ほうれん草
など。

淡色野菜は、
•かぶ •カリフラワー •キャベツ •きゅうり •ごぼう •ショウガ •ズッキーニ •セロリ •ぜんまい ・大根 •タケノコ •タマネギ •とうもろこし •なす •白菜 •みょうが •もやし •レタス •れんこん など。

生で食べられるものは、サラダや、野菜スティックで、
それ以外のものは、レンジでチン♪して軽く蒸すとたくさん食べられますよ!

コツ その❷ 食べたことのない野菜にチャレンジ

サラダばっかりだと、
どうしても飽きてしまいます。

上に書いたように、
お野菜にも沢山の種類があります。

ちょっと珍しい野菜や、
最近売られるようになった野菜など、
スーパーで見つけたら、
是非チャレンジしてみてください✨

食べたことのない野菜に挑戦

コツ その❸ よく噛んで満腹中枢を刺激する!!

硬い野菜をしっかり噛むと、
噛むことで、中脳にある咀嚼中枢が刺激され、
神経ヒスタミンが増えます⏫

それが、脳全体に伝わることで、
満腹感が得られるのです。

よく噛んで満腹中枢を刺激する

一口30回噛むようにするだけで、
体重減少効果が得られる場合もあります😄

コツ その❹ 果物を食べる時は時間帯を選んで!

果物に多く含まれる果糖は、
血糖値を上げませんが、
すぐに脂肪として蓄積されます💦

食べるなら、エネルギーを消費しやすい
朝か昼にしましょう!
夜に食べることは控えてくださいね💦

果物は時間帯を選んで

コツ その❺ ドレッシングで変化をつける!

同じ味だと飽きてしまう場合は、ドレッシングを変えることで、

味に変化をつけましょう☆

今はスーパーで様々な種類のドレッシングがありますので、

試してみるのも楽しいですね♪

良いオイルは、積極的に摂りたいので、
ノンオイルにこだわる必要はありません!

ちょっとお高めのオリーブオイルと
天然塩だと、
カラダにも優しく、
美味しくいただけますよ♪

ドレッシング

ただ見た目が細ければ良い、という事ではなく、
カラダの中から美しく健康的なカラダこそが、
本当に美しいと、私たちは考えています!

バーンズでは、年齢に関係なく、
一人ひとりの生活スタイルに合わせた
トレーニングと、食事管理。
それと、品質にこだわったサプリメントの
ご提案もしています✨

まずは、無料カウンセリングでご相談ください☆
—————————————————-
BURNS パーソナルトレーニングスタジオ
「12週間で理想のカラダをつくる」
痩せるだけでなく、
理想の体型をキープし続けるための習慣作りを、
専属パーソナルトレーナーがフォローします☆
—————————————————-

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました♪
この記事が参考になりましたら、下のボタンをクリックしてくださいね!

人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA