摂った方が良い油

こんにちは(^^)

いつもご訪問ありがとうございます。

今日のテーマは、昨日に続き「油」です!

良い油と悪い油

ダイエット中は、どうしても、摂取カロリーは低く抑えがちです。
しかし、糖質を減らす事でカロリーを減らすと、
タンパク質の合成も低下してしまいます。

そんな時は、「良い油」が味方です!

筋肉を維持して代謝を上げるためには、
油を多く摂った方が良いのです♪

また、炭水化物を減らしながら
カラダに良い油を摂ると、
食事の満足度もアップ↑

では、どんな油を摂ったら良いのでしょうか?

【摂った方が良い油】

❶オメガ3系のオイル

オメガ3系のオイル

・亜麻仁油、えごま油

これらは、α-リノレン酸を含み、
中性脂肪を減らし、脳を活性化します!
勉強を頑張りたい受験生にもおススメ☆

・サバ、イワシ

EPA・DHAを含み、
余分なコレステロールを減らして
記憶力アップ↑

認知症の予防にもオススメです◎

❷オメガ6系のオイル

オメガ6系のオイル

・コーン油 綿実油

リノール酸を含み、
血中のコレステロール値を下げます↓

・ベニバナ油、乳製品

共役リノール酸を含み
脂肪燃焼、筋肉増強のメカニズムに着目されています👀

❸オメガ9系

オメガ9系のオイル

・オリーブオイル

オレイン酸を含み、
心疾患や動脈硬化を防ぎます☆

❹飽和脂肪酸

飽和脂肪酸

・ココナッツオイル、MCTオイル

中鎖脂肪酸を含み、
すぐにエネルギー源になり、脂肪が燃える回路が活性化します↑

【摂らない方がいい悪い油】

それは、トランス脂肪酸です!

トランス脂肪酸

・マーガリン、ショートニング、古い揚げ物油、加工食品等に含まれています。

体内では代謝されくく、悪玉コレステロールを増やします。
また、細胞膜は脂質で構成されていますが、
トランス脂肪酸が入り込むと、
細胞膜の構造や働きが不完全になってしまうのです😨

なので、お肌が荒れたり、胃腸が弱まったり、
脂肪として体に蓄積されたり・・・良いことはありませんね。

サクッとしたお菓子や揚げ物、菓子パン等に含まれていることが多いので、
できれば摂らないように気をつけてくださいね!

一方、カラダにとって良い油は、
代謝アップ↑や、脂肪燃焼だけでなく、
アンチエイジングになり、お肌や髪に艶を与えてくれます。

良い油を積極的に摂るようにして、
カラダの内側からキレイになりましょう!!

ただ、見た目が細ければ良い、という事ではなく、
カラダの中から美しく健康的なカラダこそが、
本当に美しいと、私たちは考えています!

バーンズでは、年齢に関係なく、
一人ひとりの生活スタイルに合わせた
トレーニングと、食事管理。
それと、品質にこだわったサプリメントの
ご提案もしています♪

まずは、無料カウンセリングでご相談ください☆
—————————————————-
BURNS パーソナルトレーニングスタジオ
「12週間で理想のカラダをつくる」
痩せるだけでなく、
理想の体型をキープし続けるための習慣作りを、
専属パーソナルトレーナーがフォローします☆ 
—————————————————-

今日も最後までお読みいただきありがとうございました♪
もし、この記事がお役に立ちましたら、下のボタンをクリックしてくださいね!

人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA